ブログの可能性2

ブログの可能性を追求していくと、様々な情報管理、発信、知恵の共有に可能性があると思いますが、それはこのところ様々な方が申されていいる事です。

その可能性がどこにあって、どんなヒントがあるのかちょっと考えてます。
もちろん、ブログが一般的になる以前から更新が楽なホームページとか、日記システムとか、数多くのコンテンツを管理するデーターベース型のウェブシステムとかあります。

そして、そのシステム開発をされている方からするとブログブログと進んで
取り組んでいらっしゃっている方ばかりでないのも事実です。

逆に、ブログブログとシステムそのものを各企業や団体に最新商材のひとつとして売り込まれている会社さまも相当増えてます。

でも、流行で消費しないような取組みにしたいなぁと自分自身もブログブログと言っている一人なんですが、思ってます。


インターネットというモノが定着して、その中のメール、ブラウザが当たり前の操作になりつつあります。

ブログの仕組みは今のところ全体からすると、マニアな世界ですが、使い方が決ってきて、尚且つ工夫により奥深くも出来るそんな状態です。


これは、自転車やバイクがマニュアルをつけなくても販売出来、すぐ乗れる。(練習は要りますが)

そして、乗った人が便利に自分達の使い方(サイクリング、スポーツ、買い物、通学などなど)を考えだすことと同じに思うんです。

大事なのは、それを使ってサイクリングすることや買い物や通学に使えるということで、人それぞれの広がりが出る訳です。

そんな広がりに貢献できたらと思ってます。


コメント

おぉ、コメントありがとうございます。

まさに、ブログ真っ只中。

もっと、活用して良質のモノづくりに役立つモノにしていきたいと思ってます。

こんばんは。G's-Field Yamamotoです。

ブログのページにきてみました。
これがブログというものなんですね。

→の欄におもしろそうなタイトルが並んでいるのでちょっと見させてもらいま〜す。

  • O.Yamamoto
  • 2004/11/25 23:06

コメントありがとうございます。

ページにしても、ブログにしてもまずは始める事が大事ですよね。3年ぐらい前に初めて雑誌等でブログがすごい見たいと情報を得てから始める前までが長かったです。

でも、はじめてみると中身の重要さがブログに限らず、ページでも重要でその積み重ね重要なことに遅ればせながら気が付いて動いているつもりです。

そして、私も感じているのはこのブログというツールは軌道修正可能だということです。

Kushihara さんの実感されている通り良いところですよね。

私も、ようやく最近ブログを始めました。簡単、簡単と言われていますが、やはり私にとっては、まだわからないことだらけです。

でも、ともかく自分で実際にやってみなければ、どこがわからないかも、わからない? 

けれど、ブログもあくまでツールであって、問題はそのコンテンツであることには、変りはありません。すなわち、サイクリングだったら何処へ誰と行こうかというところですね。

ただし、ひとつ良いことは、ともかく始めてみて、軌道修正は可能だということでしょうか。 これから、もっと可能性が広がると良いですね。

トラックバック
この記事のトラックバックURL