粉末造形

041104-145932.jpg

粉末燒結積層造形と正式にはいうらしいですが、ナイロンの粉やガラスの粉を3次元で出来たCADデータで形にする技術があります。

工業製品の試作を作成する場合に使う工法なのですが、一体形状では製作不可能な継ぎ目のない球体形状の中にボール形状を入れるようなことも出来るみたいです。(言葉で書くと非常にわかりにくいです)

例えが良くありませんが
手が入る隙間が無いビンの中に帆船を入れる ボトルシップっていう男の趣味みたいなのがありますが、その作品を見たときの『ヘェなんでこんなところに船が入っちゃうの』みたいな不思議な造形も出来ます。

先日の大阪 全員集合でお会いした製造業の会社さまに頂いたサンプルが
それです。

トランクなかにしは仕事である携帯系グッズの商品化を進めているのですが、その試作で採用いたしました。

工法の紹介ビデオをネットでも発信されているようなので、ご紹介しておきますね。(勉強になります)

データを作ったり、なにやらで誰でもすぐ頼めるって感じではないのですが、こんなことができると意外とおもしろいインテリア商材も出来そうですね。
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL