紙を金属で覆う

紙モノを金属でカバーするとか、覆うっていうコトがしたくて、色々調べてます。

例えば溶射って技術。普通は、金属に対して防錆、磨耗を防ぐなどの目的で塗装やメッキの変わりに行う技術のようですが、紙モノに施せないかなと。 
こんなサイトでお勉強したり、実際に処理してくれるメーカーさんに問合せたりして可能性を探ってます。

通常、何百度って温度でアルミとか亜鉛、場合によってはステンレスなども
一瞬溶かして、スプレーガンのような機械で目的のモノに向かって吹き付けるそんな技術のようです。

ですから、紙にやっても燃えてなくなるんでは?

と考えてしまうところですが、

トランクなかにしは以前、自分のアート作品で、和紙に溶かした亜鉛合金を載せて焼ける寸前で固めて定着させるようなことをしたことがありました。

ですので、なんとかなるんではないかと、調べている訳です。


一様、ある商品の一部で採用しようとしているので、中々条件がきびしく
今回はボツ案になりそうですが、

インテリアやデザイン雑貨を考えているあなたには
面白い組合せになりそうですよ。




何百度もの熱に耐えれる者だけが生き残る場所。
それが・・・
ブログランキング
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL