シェアロースターの次は、シェア自転車屋台!?

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:ビジネス

中西寿道(なかにしひさみち)です。

京都のシェアアトリエを借りてつくっているオルタナスペース「庭と冒険」ですが、訪ねて来ていただける方が徐々に多くなり、常設の自転車屋台で、珈琲をつたないハンドドリップですが飲んでいただく機会も多くなってきました。

それでちょっと切らしちゃって近所に自転車(こちらは普通の通勤用)走らせて買いによく行くのが、駅の北側ですがKURASUさん。昨日も京都駅にお客様を迎えに行く途中で、買いに走った先に目に留まったジャーナル。
その記事に、大阪で最近注目のシェアロースターさんが紹介されていました。
ありそうでなかったシェアロースター。陶芸作家さんなど職人な方は、他人が使う工房で作業するのを嫌がること多いと思いますが、珈琲の焙煎も同じなのかも。でも、一休みの学校でもお勧めしている複業な仕事のカタチで珈琲を使って、町や自分の暮らしをちょっと贅沢な感じにしたいという方も増えているようですので、うれしいサービスです。
あと、これにお店をどう融合していくか? シェア自転車屋台っていうことで生まれることないでしょうか?
シェアロースターにシェア自転車屋台。珈琲の販売以外で使えるとしたら?
 ※いいこと思いついたらコメントくださいね〜